二世帯住宅について

厚木の一戸建てと二世帯住宅について

厚木市にある一戸建て住宅に両親と一緒に住む事になった場合など、両親との同居とは言え、お互いのプライバシーを守る意味において一戸建て住宅を改良して2つの世帯にすることがあります。

これは二世帯住宅と呼ばれているもので、従来の一戸建てを作り替える必要が有ります。

一般的に、新築の一戸建て住宅の内、建売などの住宅の多くは一世帯向けに作られているケースが多く、新築する場合には注文住宅で二つの世帯が同居出来るような作りをする事になりますが、既存の住宅の場合も同じで1つの住宅の中にそれぞれの世帯が生活できる空間を作り出す事が必要となります。

厚木市には住宅を建築してくれる工務店や設計事務所が数多く有りますが、厚木市にある一戸建てであれば、厚木市にある工務店や設計事務所に依頼をする事で二世帯住宅を作りだす事が可能になるのです。

異なる都市に在る工務店や設計事務所に依頼する方法も有りますが、一つの住宅を作りだすまでには何度も工務店や設計事務所に通って打ち合わせを繰り返して行く必要が有ります。

一般的に、この打ち合わせと言うのは長くかかるのが特徴なのですが、長くかかる理由と言うのは限られた予算の中で施工側が満足出来る家づくりを行いたいからなのです。

そのため、住宅の設計などの打ち合わせは時間が必要であり、通い易い場所に在る工務店や設計事務所を利用する事でスムーズな移動や打ち合わせなどを可能にするのです。

二世帯住宅を作る場合には、幾つかの方法が有ります。

これは生活スタイルを考えた上で作ると言う事であり、決まりと言うものが有りませんので、お互いの世帯が納得いく作りにしていく事が大切です。

玄関が二つに分けられていて、完全に一つの住宅が二つの世帯に分けられているものもあれば、室内でお互いの世帯の住居スペースに行き来が可能なタイプも有りますし、浴室やキッチンなどがそれぞれの世帯に作られているタイプもあれば、共有出来るタイプも有ります。

キッチンや浴室を二つ作ることでコストが掛かりますし、不経済だからと言う事でキッチンや浴室などは一つにしてしまうと言う方法も有ります。

尚、二世帯住宅を作る時に抑えておきたいポイントというのはバリアフリー化を導入すると言う事です。
親世帯との同居の場合などでは、親の年齢などを考慮し、家の中の随所にバリアフリー化を導入し、全ての人が利用しやすい、快適な生活を行えるような工夫を取り入れることが大切なのです。”