Just another WordPress site

税理士試験の難易度

予備校のキャッチコピーと税理士の本当の難易度

長引く不況のためか資格取得ブームは留まる所を知りませんが、その中でも税理士試験は人気が高いですね。しかし合格までの道のりは非常に長く、ハードルは非常に高いものになります。国内でのトップクラスの難関資格ですから当然と言えば当然なのですが、他にも仕事に役立ちそうな資格は多くある中でなぜ税理士なのでしょうか。理由の一つとして挙げられるのは予備校のキャッチコピーでしょう。電車の中吊り広告などを見ていると「働きながらでも数年で合格出来る」とか書いてあります。それなら受かるのではないかと思って、税理士試験の世界に飛び込んでしまう人が多いのでしょう。
では予備校の誘い文句「働きながらでも数年で合格できる」というのは本当でしょうか。結論から言ってしまうと「嘘ではないが、できる人はほんの一握り」です。

その理由の前にまずは試験の概要の説明が必要でしょう。税理士試験は科目合格制度を採用しており、会計2科目、税法9科目のうち5科目(会計2科目は必須、法人税か所得税は選択必須、残りが自由枠)取れば晴れて合格です。一度に5科目すべて合格する必要はなく1年1科目ずつ取っていっても構いません。そして一度取ったら一生有効ですし、それだけで履歴書の資格欄にも書くことができます。1科目ずつ取って行けばいいなら楽勝じゃないかと思われる方もいたかもしれません。しかし科目ごとの合格率は1割程度です。合格率1割の試験と言うと、それだけで難関クラスに分類されます。それに5回合格しなければならないのです。毎年5科目到達する人は1,000人ほどいますが、全受験者の2%です。これが税理士試験の本当の難易度です。毎年1科目ずつ順調に取って行っても5年、しかしなかなかうまい具合にはいきませんから、働きながらであれば10年未満で取れれば御の字といった所ではないでしょうか。10年以上かかっている人もたくさんいますし、それ以上に途中で脱落してしまう人が圧倒的多数です。

ここで予備校の誘い文句「働きながらでも数年で合格できる」に戻ります。合格者体験記などを見ていると、確かにそう言っている人が予備校のパンフレットに載っています。しかし試験の難易度は先述したとおりです。働きながら数年で合格する人は、合格者1,000人の中でも更にトップクラスの人です。体験記がいくつかあったら、合格までの期間や勉強時間が長い人よりも短い人を載せます。その方が試験を全く知らない人を安心して呼び込めるためです。予備校が言うように軽く受かる試験ではありません。挑戦する方はそのことを肝に銘じる必要があります。

最新記事

  • 切っても切れない税理士と簿記について 税理士は、税に関する相談や税額の計算を納税義務者に代わって行うことが主な …

    税理士と簿記について

  • テレビドラマで取り上げられる税理士というジャンル テレビドラマというのは作り物のストーリーです。つまりフィクシ …

    テレビドラマでの扱い

  • 税理士のテキストについて知っておきたい事 税理士になりたいということであれば、どんなテキストを使っていくのかと …

    テキストについて